高知市の外壁塗装・屋根塗装・リフォーム

塗装・雨漏り、お気軽にご相談ください!
0120-023-336
相談・見積り無料!【受付時間】7:30~19:00
お問い合わせフォーム
閉じる

油性(強溶剤、弱溶剤)と水性塗料の特徴

社長

油性塗料や水性塗料と聞くことがあるかと思いますが、何が違うのでしょうか?

このページでは、油性塗料と水性塗料の違いは何か?という疑問にお答えします。

油性塗料と水性塗料の違い

油性塗料の特徴

油性塗料とは、希釈材にシンナーを使用する塗料の事です。

また、シンナーには臭いが強い「強溶剤(ウレタンシンナーやエポキシシンナー等)」と、建築塗装で現在の主流となっている「弱溶剤(塗料シンナー)」の2種類あります。

水性塗料の特徴

水性塗料は希釈材に水を使用する塗料の事です。臭いはほとんどありません。

油性塗料(強溶剤)のメリット・デメリット

メリット

・耐久性に優れている。

・密着性に優れている。

・低温でも乾燥しやすい。

デメリット

・臭いが強い。

・十分な換気が必要。

・価格が高い。

油性塗料(弱溶剤)のメリット・デメリット

メリット

・同種類の水性塗料に比べ耐久性に優れている。

・強溶剤に比べ臭いが少ない。

デメリット

・強溶剤に比べ臭いが少ないが独特な臭いがある。

・換気が必要。

水性塗料のメリット・デメリット

メリット

・ほぼ臭いが無い。

・高温時は乾燥が早い。

・現場での保管が溶剤系塗料に比べ容易である。

デメリット

・溶剤系塗料に比べ耐久性が低い。

・鉄部には使用しにくい。

・溶剤系塗料に比べ、低温時や湿度の影響を受けやすい。

油性塗料と水性塗料どちらがいいの?

臭いを気にされる方や団地等の密集地では水性塗料が向いており、耐久性や艶、防汚染性を求められる方は油性塗料が適しています。

まとめ

油性塗料と水性塗料のどちらが優れているのか一概には言えませんが、どちらが適切であるかを被塗物の劣化状況等から総合的に判断することで、より良い塗装工事を行う事ができます。

そのために実際に現場調査を行う、信頼のおける塗装業者の判断に委ねることが最も重要です。

お問い合わせ
スタッフ紹介 現場ブログ 雨漏り119

サイトメニュー

オススメ塗料

認定施工店

ブログ