高知市の外壁塗装・屋根塗装・リフォーム

塗装・雨漏り、お気軽にご相談ください!
0120-023-336
相談・見積り無料!【受付時間】7:30~19:00
お問い合わせフォーム
閉じる

1液型と2液型の塗料の特徴

社長

塗料の種類は2種類に分類され、1液型と2液型が存在するのを耳にした事があるかと思います。

このページでは、1液型と2液型は何が違うのか?についてご説明していきます。

1液型と2液型の塗料の違い

1液型の特徴

1液型の塗料の特徴は、文字通り主剤のみを希釈して使用する塗料の事です。

希釈材は水やシンナー等がございます。

2液型の特徴

2液型の塗料は塗装を行う前に、主剤と硬化剤を混ぜてから希釈して使用する塗料の事です。

1液型と同様、希釈材は水やシンナー等がございます。

1液型のメリット・デメリット

1液型のメリット

・攪拌ミスが無く、硬化不良を起こさない為、施工時間の短縮に繋がる。

・翌日も塗装できるため、材料ロスが少ない。

・2液型に比べ価格が安い。

1液型のデメリット

・2液型に比べ耐久性に劣る事が多い。

2液型のメリット・デメリット

2液型のメリット

・1液型に比べ耐久性に優れる事が多い。

・1液型に比べ、様々な場所に塗る事が出来る。

2液型のデメリット

・1液型に比べ、価格が高い。

・十分に攪拌しないと硬化不良を起こす。

・当日に使い切らないと材料ロスが発生する。

1液型と2液型どちらがいいのか

通常は耐久性や密着性に優れている2液型を選択します。ですが、コンクリート面や2液型を塗ると旧塗膜を侵しそうな場合は、1液型を使用する事もあります。

どちらを選択するか判断するためには、十分な経験が必要です。

まとめ

同じ塗料であれば、通常は2液型の方が耐久性や密着性に優れているため、2液型を使う事が多いです。ただし、1液型にも優れた塗料は存在します。

どちらを選択するかは、被塗物の状態等によって異なりますので、十分な知識・技能をもった塗装業者に依頼することが大切です。

お問い合わせ
スタッフ紹介 現場ブログ 雨漏り119

サイトメニュー

オススメ塗料

認定施工店

ブログ