>>ホーム >>工事の流れ

工事の流れ

一般的な2階建て戸建て住宅の場合、作業終了まで約10日〜14日間程度かかります。(雨天時の場合順延になります)

着手前
近隣の方に着手前のご挨拶をさせて頂きます。
工事着手
着手日は、お客様のご希望日を第一に着工します。
施工時の現場状況により前後する場合がございます。
足場仮設
施工範囲に足場を建てます。
ビケ足場という鋼製の足場材にて仮設していきます。
施工担当は、主に当店協力会社の「マルヨシ」さんが行います。
仮設後、メッシュシートによる養生を行います。
高圧水洗浄
高圧洗浄機による塗装部の汚れ、不良塗膜の除去の為、高圧洗浄を行います。
(水道をお借りします。)
雨天時の作業が良い為、天候により前後する場合がございます。。
下地処理
コーキング打替・増打ち・ひび割れ処理・樹脂注入・ケレン作業等塗装工事の中で一番重要な作業です。
当店はこの作業に時間がかかります。
中々、塗装に入らないといっても心配ございません。
塗装後の耐久性は、下地処理によって決まるといっても過言ではありません。
養生作業
塗装箇所以外をビニール等で養生します。
玄関ドア・サッシュ・換気扇・エアコン・ガス給湯器等は開閉可能な状態で養生しますのでご安心下さい。
軒天井塗装
主に当店では、ビルデック(大日本塗料)を使用します。
アクリル樹脂NAD系防カビ塗料という塗料です。
特長は、カチオン型で付着性に優れ、防カビ効果が強い塗料です。
漆喰にも塗装出来る塗料です。
屋根塗装
瓦・コロニアル・瓦棒等基材に合った塗料を選定し塗装していきます。
シーラー・中塗り・上塗りの3工程が基本ですが、下地の損傷が激しい場合4、5工程になる場合もあります。
現在の仕様で多いのは、断熱セラミックガイナ、シリコン樹脂塗料、フッソ樹脂塗料です。
外壁塗装
サイディング・塗装壁・金属・木部など屋根基材と同様に塗料の選定を行います。
下地の劣化具合、使用材料等により2〜5工程となります。
現在の仕様で多いのは、断熱セラミックガイナ、
TOTOハイドロテクトECO−EX、
フッソ樹脂塗料、UVカットクリヤー塗料、シリコン樹脂塗料です。
その他付帯部塗装
破風・鼻隠し・トイ・庇・戸袋・雨戸等、各基材に合った塗料の選定を行います。
ケレン・目荒等により下地処理を行い、塗装していきます。
現在の仕様で多いのは、フッソ樹脂塗料、シリコン樹脂塗料です。
補修等の工事
塗装以外の工事で必要な場合に行います。
ガラス窓の美装、網戸の破れ直し等、念入りに確認いたしますが、お気になる点がございましたらご遠慮なくお声をおかけ下さい。
足場解体・掃除
お客様の確認後、足場を解体します。
足場材で塗装出来なかった所の塗装、解体後の清掃を行います。